Copyright (C) FUKAYA SPORTS CLUB all rights reserved

  • Facebook Black Round

深谷スポーツクラブニュース

昨年ラグビーワールドカップが日本で開催され、ジャパンの躍進、世界の強豪を目の当たりにし、日本中がラグビーに熱狂しました。

観戦するのも楽しいですが、子供たちに自らプレーしてラグビーの素晴らしさを感じて頂きたいたいです。

深谷トリニタスジュニア(小学生、幼児)、U15(中学生)の令和2年度の会員募集が始まっております。

ラグビーをエンジョイし、多くの仲間をつくりましょう!


深谷トリニタスジュニア(小学生)募集要項

4/5(日)8時より令和2年度の活動がスタートします。

募集対象 幼児(5歳)~小学生の男女(12歳) 

会費    年間10,000...

新型コロナウイルスに感染した事例が相次いで報告される中、本クラブにおきましては、感染の拡大防止・予防という観点から、以下に示す行事等について、中止することとしました。


(1)2月29日(土)より4月3日(金)まで、練習活動及び事業等を中止します。

(2)ジュニア及びU15の修了証書授与式は、中止とします。令和元年度修了証書等は、後日授与いたします。

(3)令和2年度事業開始は、4月5日(日)より「U15は、4月4日(土)」開始します。

新型コロナウイルスの感染の安全性が確認できない場合は、改めてお知らせいたします。

...

奮闘も届かず、結果、勝利をつかむことはできませんでした。関東の高い壁を、痛感することになりましたが、創部史上初めて決戦の場に立てたこと、強豪に最後まで食らいついたことなど、6年生はクラブの歴史に偉大な足跡を残してくれました。

12/1(日)熊谷ラグビー場
ヒーローズカップ1stステージが開催されました。
トリニタスジュニアはプールステージを2連勝で突破し、2ndステージ進出を決めました。
2ndステージは、他の予選会場を突破したチームを含めて再度抽選を行い、1/22に同じく熊谷ラグビー場で開催されます。

10/5(土)ラグビーワールドカップ観戦に来日しているナミビアU15のメンバーをお迎えしてセレモニー、試合、アフターマッチファンクションと親睦を深めました。

 小島市長より挨拶

 キャプテン丸橋は英語で歓迎のスピーチ!

 7人制、12人制と続けての試合

気合が入ります。

 身体能力が凄いです。

ノーサイド!健闘を讃えあいます。

トリニタスジュニア(小学生チーム)との交流も楽しく行われました。

交流戦の後はアフターマッチファンクション!

お母さん方が煮ぼうとう(深谷名物)とおにぎりを振る舞い、ゲストにも大好評でした。

毎日新聞(10/3朝刊)松島伸一理事長、松島猛副理事長の記事が掲載されました。
中学ラグビーへの情熱、これからの思いが記されております。

9/1(日) グランドゴルフでスタートし、ラグビー部門のトリニタスジュニア・U15・デイビス・不惑の全カテゴリーで招待試合を行いました。

 赤城乳業さんガリガリ君ありがとうございます!

深谷トリニタスU15として菅平ジャンボリー(7/27,28)に初めて参加致しました。

U13は水戸・日立ラグビースクール、U15は横浜ラグビースクールと合同チームを組ませて頂きました。

 

 

今年度の夏合宿は、トリニタスジュニア創部初となる菅平高原での実施となりました。サニアパークで行われたミニラグビージャンボリーへ参加し、1泊2日で各学年とも4試合を行いました。

全学年とも、大変に厳しい戦いでした。ただ、失トライも多かったですが、それ以上に得るものは多かったと思います。

試合に臨むメンタル、戦術理解、規律。またプレー以外でも、礼儀や時間を守る態度、アフターマッチファンクションでの、相手を讃え、自チームの反省を述べるスピーチなど、強豪チームにはそれらしい振る舞いがありました。トリニタスジュニアも、ここからが強豪チームへの第一...

埼玉県社会人クラブチーム春季大会の決勝戦が熊谷ラグビー場で行われました。


接戦の中、34対10で川口ワンダラーズに勝つことができ、創立2年目で目標である、埼玉県1位になることができました。


さらにチームのレベルアップと結束力を高め、埼玉を代表できる良いチームへと成長していきたいと思います。


応援してくれる人たち、また埼玉県社会人クラブチームの想いを背負って、東日本大会に臨んでいきます。
これからも、応援宜しくお願い致します。

Please reload

Featured Posts