メニュー

運営理念

あたりまえのことを あたりまえに!

1.夢を持とう。

 何のために、ラグビーをしているのですか。ラグビーの良さを身に付け、夢を実現するためです。

 

1.「認め合う」「支え合う」「磨き合う」仲間となろう。

 「認め合う」=人は、皆違う。背の高い人もいれば、低い人もいる・駆け足の速い人もいれば

 遅い人もいる等、違いを認める。

 「支え合う」=人は皆、得手不得手(強みと弱み)がある。それぞれの得手不得手(強みと弱み)を

 補い合い、目標や夢の実現に努める。  

 「磨き合う」=一人一人の力量を高めることにより、全体の力量を高める。

 

1.物(グランド・ボール・ユニホームなど)を大切にしよう。

 物を大切にする人は、人を大切にする。人を大切にする人は、物を大切にする。

1.ルールを守ろう。

 してはいけないことは、しない。自分や人がいやがることは、しない。

 

1.ノーサイドの精神を実践しよう。

 ノーサイドとは、敵・味方に別れて戦った選手が、勝ち負けを離れてお互いのスポーツマンシップを

 讃え合う

 

具体例

 ・観客席はチーム別に区別されない。

 ・シャワー室は互いのチームが譲り合い共同で使用する。

 ・試合終了後、アフターファンクションとよばれる親睦会を開き、両チーム選手・スタッフ・レフリー・

  協会関係者が一同に集い、軽食や飲物を摂りながら交流を深める。