​深谷トリニタスジュニア

  • Facebook

FUKAYA TRINITAS Jr.

スライド1.JPG

2019年の秋に開催されたラグビーワールドカップは、文字通り、日本中を興奮と熱狂の渦に巻き込みました。
​スリリングなゲーム展開、ち密な作戦の攻防など、ボールゲームとしての面白さはもちろんのこと、激しいコンタクトの一方で、ノーサイド(ゲーム終了)のあとは敵味方関係なくお互いを尊敬し讃え合うラガーマンの姿に、「こんなにも面白く、素晴らしいスポーツがあったなんて」という声が日本中にあふれました。

しかし、このスポーツを初めて見た人の多くが驚いたのは、試合前の国歌斉唱で整列する日本代表選手たちの、あまりに異なる個々の姿、多様性でした。
背の低い人、高い人、大柄の人もそうでない人も、また肌や瞳の色、言葉や国籍すら異なる多種多様な個性の選手が、一堂に肩を組んで国歌を斉唱し、チームのためにひとつになって最後まで全力で戦い続ける姿は、ラグビーを初めて見た人にも大きな衝撃と感動を与えました。

ラグビーとは、まさにこのような多様性のスポーツと言えます。人数はチームスポーツの中では最多の15人、(小学生は9人)そして15のポジションはひとつとして同じ役目はなく、それぞれ全く違った個性が求められます。言いかえれば、ラグビーは個々の違いに非常に寛容で、個人の尊厳を尊重し、どんな人にもその個性に適したポジションがあります。つまり、あなたにも必ず出番があるということです。

いろいろな個性の人がいるというのは、人間社会そのものに他なりません。そして、そうした個々の違いを認め、尊重し合い、互いに協力していくというのは、これからの社会のありかたと言えます。ラグビーほど、これからの社会に最も必要とされる素養を育てるスポーツはありません。

OIP.jpg

2021年度募集要項

募集対象  幼児(5,6歳)~小学生の男女(12歳)

会費    年間12,000円

                (傷害保険含む。行事による別途集金有)

活動日時  毎週日曜日 8:00~10:00

※保護者による当番、お手伝いはありません。

活動場所  深谷櫛挽ヶ原ラグビー場

募集期間  随時(直接グランドに来ていただくか、事務局に連絡を下さい)

問い合わせ(事務局)〒369-0212 埼玉県深谷市櫛挽16-1